お店でBGMを流そう|有線放送の活用がオススメ

受信方法の違い

スピーカー

配線工事は3種類

有線放送を導入することは、店舗を経営する大きな助けとなります。BGMは店舗には必要不可欠なもので店の雰囲気を決めるといっても過言ではありません。店の雰囲気をよくしたり、季節感にあったBGMを流すことでゲストの満足度をあげて、購買意欲を高めることができます。有線放送を受信するには有線放送を提供する業者と契約して配線工事をしてもらいますが、配線には大きく3つの方法があります。有線放送の名前があるように当初からあるのが同軸ケーブルを使った受信方法です。専用の同軸ケーブルを近くの電柱から引き込む必要があるため、この工事で有線放送を受信できる地域は限られています。しかし範囲内であれば、チューナーまでは業者が保守点検をしてくれるので故障したときの対応もスムーズです。最近では光回線を使った有線放送の受信が主流になってきています。大手通信事業業者が全国に光ケーブルを敷いているため多くの地域で利用することができ、インタネットプロバイダーと有線放送のオプション契約をするだけで利用できる手軽さが人気です。プロバイダーとの契約が必要になってきますが、メリットの多い工事方法です。地域密着型の有線放送業者に多い受信方法が衛星回線を使った方法です。CSデジタル衛星を使っているので、同軸ケーブルや光回線が通っていない地域でも利用可能です。パラボラアンテナまで自分で設置しなければいけませんが、日本全国で利用できるのが特徴です。

Copyright© 2017 お店でBGMを流そう|有線放送の活用がオススメ All Rights Reserved.