お店でBGMを流そう|有線放送の活用がオススメ

BGMを流す目的

女性

法的問題を解決

美容室や小売店などで有線放送を使って店内にBGMを流す目的は2つあり、1つは手間やコストが低減できることで2つめは法的な問題を解決することです。店舗にBGMを流しておくのにラジオを使うこともありますが、ラジオを流すことで顧客に購買意欲を出させたり、季節感を味わってもらうことはほぼ不可能です。CDを使うと店舗で考えたBGMを流せるので店の雰囲気に合わせた音楽を流せますが、限られた楽曲しか流せないので長時間、何回も来店するようなゲストには飽きがきてしまいますし、働いている従業員の労働意欲もあがりません。CDを購入する費用もかかってくる上に交換する手間も出てきます。有線放送を流すことによって、お店の雰囲気にあったチャンネルや季節に応じたチャンネルを選ぶことによって様々な楽曲が流れるため、飽きもこなければ手間もかかることもありません。近年、音楽著作権を巡る裁判や民事調停がニュースになるのを目にするようになり、営業のために店舗で音楽を流すのにCDやインターネットラジオを使うと著作権料を支払わなくてはなりません。一方、有線放送で店内にBGMを流すことは有線放送事業者が店舗に代わって著作権使用料を支払っているため、法的に問題がなく、店舗に著作権料が請求されることがありません。有線放送で音楽を流すことは、ゲストへの満足度をあげることになり、結果的に販売実績をあげることにもなるので、店舗を開業する時に最初から検討しておくとよいでしょう。

Copyright© 2017 お店でBGMを流そう|有線放送の活用がオススメ All Rights Reserved.